董事長からのメッセージ

11035

DAZZEONテクノロジー

董事長:陳宏棟

DAZZEONは新しい会社です。しかし私たちは世界で唯一と言える『物質細分化』のキーテクノロジーを有しており、各種キャリアでの応用に成功しています。さらに工業化量産を実現しており、高温環境下でもアグリゲーションが起きず非常に安定した状態を保つことができます。

一般的なガラスは肉眼では非常に滑らかに見えますが、原子間力顕微鏡で計測すると、2.19nmの粗さが確認できます。しかし、DAZZEONの技術で処理をすれば、ガラス表面の粗さはたったの0.48nmと、驚きの滑らかさになります。これはおよそシリコン原子のサイズと同等です。


私はかつてCHINGHAI(清海)ガラス工業の董事長を務めており、ガラスのことはよく理解しています。私の知る限り、ガラスが発明されて以来、ガラス表面の微細孔を隙間なく埋めることができる技術は今までにありませんでした。しかし、DAZZEONはこれができます。これが私を中心に経営と研究開発チームが打ち立てた今日のDAZZEONです。

DAZZEONは如何にして競争が激しいナノテクノロジー分野において、このようなキーテクノロジーを有することができたのか?多くの方が興味を持っていることと思います。

その答えは、私たちの研究開発及び応用チームが全て教育機関及び産業界のエリートと専門家から構成されているからです。そして全員が華人です。
このことから私は自信と誇りを持ってこう言えます。この技術は確実に「華人の光」であると。
さらに重要なことは、研究開発チームは1年にも満たない期間で、サイズを1.89nm~0.66nm、或いはそれ以下に縮小できる程に細分化技術を進化させたということです。これは工業化量産で類を見ない粒径サイズと言えます。

DAZZEONの

細分化技術

DAZZEONの細分化技術は、私たちの認識をはるかに超える多くの場面で応用が可能です。膜厚がなく深くキャリアに入り込めるため、様々な用途に使用できます。またDAZZEONは各種キャリアに最強のシールドを備えられることから、「戴壟神盾」(Shield by DAZZEON)というスローガンが誕生しました。

私はこの技術に携わり始めたその日に、「キーナノ物質細分化技術」の基本姿勢を定めました。生産される「キーマテリアル」は絶対に単純な売買の対象にはできません。この技術は社会的利益になるものや価値ある協力対象に使用しなくてはならないと私は考えます。私にとって、DAZZEONの「細分化技術」は一種の社会的財産という概念上の延長にあるのです。

私の理念はとてもシンプルです

それは「他人に利益を与え、己も利益を得る。力を上手に活用する」です。各大手産業と協力してDAZZEONのキーテクノロジーの利用を進め、品質の改善、産業の転換を促進させます。そして、新しいビジネスモデルと価値を創造し、「相互所有、相互共有、相互利益」の原則を達成させます。信頼と共有こそが、互いの知恵を融合させ、共同で事業を大きく、力強く発展させると、私は常に信じています。